W05
2018年1月19日に発売されたWiMAX最新機種Speed Wi-Fi NEXT W05。

この記事は、 W05とW04どちらが良いか悩んでいる人が、見落としがちな点をまとめています。

2つの機種を比べながら、W05の特徴をチェックしていきましょう!

W05とW04のスペック比較

【W05とW04の比較表】
端末Speed Wi-Fi NEXT W05Speed Wi-Fi NEXT W04
通信速度(下り)最大708Mbps最大708Mbps
通信速度(上り)最大75Mbps最大30Mbps
WiMAX 2+
au 4G LTE
バッテリー
(ハイパフォーマンスモード)約6.5時間約6.5時間
(バッテリーセーブモード)約9時間約9時間
(連続待受)850時間850時間
最大接続台数Wi-Fi:10台
Bluetooth:3台
Wi-Fi:10台
Bluetooth:3台
Wi-Fiお引越し機能×
バッテリー容量2,750mAh2,750mAh
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n/acIEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth接続
タッチパネル
画面サイズ約2.4インチ約2.4インチ
サイズ130×55×12.6mm130×53×14.2mm
重さ約131g約140g
カラーブラック×ライム
ホワイト×シルバー
グリーン
ホワイト
メーカーHUAWEIHUAWEI

こうして比較してみると、ほぼ同じように見てしまうかもしれません…。

変わった点と変わらない点を詳しく見ていきましょう。

W05とW04の違う点

2つの端末には主に3つの違う点があります。

1.上り速度が75Mbpsに

W05ではW04と比べ、上り速度が2.5倍も速くなりました。

「上り」と「下り」の通信速度とは?

WiMAXをはじめ、光回線やスマホの通信速度でクローズアップされるのは下りの速度。

下り速度とはダウンロードの速さのこと。

  • 動画を見る
  • アプリをダウンロードする

このように、私たちはダウンロードすることが多いので下り速度が注目されやすいのです。

しかし、今回W05でスピードアップしたのは上り速度。

「上り速度が速くなってもメリットは少ないのでは?」と思うかもしれませんが、上り速度も意外に重要なんです。

上り速度とはアップロードのときの速さのこと。

  • FacebookやInstgramなどSNSに投稿する
  • YouTubeなどに動画を投稿する
  • ネット銀行など口座開設時に本人確認書類をアップロードする

これらはいずれもアップロードを行っているため、上り速度が遅いといつまでたっても操作が完了しないのです。

インターネットの使い方が「ただ見るだけ」ではなく「自分で何かを投稿する」という人には、上り速度のスピードアップは嬉しいポイントです。

2.Wi-Fiお引越し機能

使うのは1回だけなので、人によってはそれほど注目点でもありませんが、W05では機種交換の手間がありません。

既にWiMAXを使っていて端末を交換したことがある人の中には、「端末を変更すると接続再設定が面倒だから、もう変えたくない…」なんて思う人もいるかもしれません。

無線での接続には、SSIDや暗号化キー(パスワード)と呼ばれる情報が必要。

SSIDや暗号化キーなどは端末ごとに違うため、WiMAXの端末を変更すると接続端末(スマホやPC、タブレットなど)は接続設定の再設定が必要でした。

再設定自体は暗号化キーを入力するだけなので簡単ですが、暗号化キーは10ケタ以上の英数字でランダムに生成されたもの。

接続端末が少なければいいのですが、何台も接続しているととにかく面倒なのです…。

この点、Wi-Fiお引越し機能があれば旧WiMAX端末の各種情報をW05にコピーしてくれるため、接続端末は再設定の必要ナシ。

家族全員のスマホにタブレット、PC、プリンタ、kindle…あらゆる端末を接続している我が家でも、手間をかけずに簡単に乗り換えられました!

3.よりシャープなデザインになった

W04から端末デザインが縦型に変わったWシリーズですが、W05ではよりシャープなデザインに。

幅や高さはW04とほぼ同じですが、薄さが12.6mmと薄くなっています。

W04は本体がグリーンまたはホワイトの単色でしたが、W05ではブラック×ライム、ホワイト×シルバーの2色使いに。

自宅はもちろん、外で利用する機会が多いWiMAXだからこそ、デザインも重視したいポイントです。

W05とW04の変わらない点

W05にはW04の機能をそのまま引き継いでいる点もたくさんあります。

1.下り速度はともに最大708Mbps

下り速度はW04発売時に大幅に速くなりました。

W05も同様に、下り最大708Mbpsと光回線並みの高速通信が可能です。

ただ、注意したいのは利用条件。

下り最大708Mbpsで利用できるのは、次のような場合です。

  • ハイパフォーマンスモード設定時かつハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)利用時
  • 東京、神奈川、愛知、大阪、京都、兵庫の一部エリアで提供

それ以外のエリアでは下り最大440Mbpsが利用できます(一部エリア除く)

2.バッテリーについてはほぼ同じ

W04もW05も、連続通信時間やバッテリー容量はほぼ同じ。

バッテリーについてはほぼ同じですが、本体が薄くなっていて10gほど軽量化している点はW05のメリットと言えます。

3.接続台数も同じ

どちらの端末も、Wi-Fiで10台、Bluetoothで3台まで接続可能。

1人で複数台の端末を利用する場合はもちろん、家族で利用していても安心です。

4.有線LANポート付クレードルあり

別売りとなりますが、どちらの端末も有線LANポート付のクレードルが利用できます。

ただし、本体のデザインが異なるため、W04で使っていたクレードルをW05で使うことはできません。

  • 古いPCなど有線LANにしか対応していない端末を利用している
  • 無線よりも安定した速度でインターネットを楽しみたい

こういった場合はクレードルの利用をオススメします。

クレードルは、別でAmazonなどで購入した方がお得です。

結局どちらがいい?

最新端末のW05とは言え、W04と大きく変わらないなぁ…という印象の人も多いかもしれません。

結局どちらを選べば良いの?と思うかもしれませんが、やはりオススメなのはW05。

  • 上り速度改善でSNSや動画投稿も速くなる
  • Wi-Fiお引越し機能で買い替え時のストレス軽減
  • デザインもスタイリッシュ

そしてオススメの理由がもう一つ。

端末本体の機能とは関係ありませんが、多くのプロバイダで新規契約キャンペーンを実施しています。

このキャンペーンもW05向けのものが多くなっているんです。

キャッシュバックなどもW05だと増額していたりするので、これから申込む人はそのあたりもチェックしてみてください。

各社のW05料金比較はこちら
WiMAX主要9社を2年総額で比較

またW05の少し前、2017年12月にWX04という端末も発売されましたが、それよりも断然W05がオススメです!

その理由はやはり通信速度。

WX04は下り最大440Mbps、上り最大30Mbps。

現在、下り最大708Mbpsに対応しているエリアであっても、W04だと最大440Mbpsでの通信となってしまいます。

WX04も比較的新しい機種ですが、速度についてはW04やW05に劣るので注意してください。