NEXTmobile
NEXTmobileはソフトバンク回線を利用したモバイルWi-fi。

WiMAXより広範囲、格安SIMより速度が安定し、ドコモなどよりも低価格で利用できます。

一方でデータ容量の追加やプランの変更ができないといった注意点も。

NEXTmobileのメリットや注意点を含め、サービスについてまとめました。

NEXTmobileのメリット

FS030W
まずはNEXTmobileのメリットをチェック!

WiMAXやキャリア・格安SIMとは違ったメリットがあります。

ソフトバンク回線だから速くてつながる

NEXTmobileで利用するのはソフトバンクの回線。

ソフトバンクのスマホと同じ感覚でインターネットが利用できます

WiMAXや格安SIMと違うキャリアの通信回線なので、快適です。

格安SIMと違って通信速度は遅くならない

料金がお得な格安SIMですが、お昼休みの時間帯など通信が混雑する時間帯は通信速度も遅くなりがち。

少し調べ物をしたいだけなのに、いつまでたってもサイトに繋がらない…なんてことも多かったりします。

しかし、NEXTmobileならそうした心配ナシ!

通信容量内であれば速度が遅くなることもありません。

WiMAXと違って室内や地下でも通信OK

高速のモバイル通信と言えばWiMAXもありますが、建物内や地下での通信に弱いというデメリットがあります。

この点、NEXTmobileが利用するのはソフトバンクのLTE回線。

そのため、建物内や地下での通信にも強く、WiMAXより広い範囲で利用できるのです。

通信容量内での速度制限なし

WiMAXと異なる点がもうひとつ。

WiMAXでは1ヵ月あたりの通信容量自体には上限がありませんが、3日間で10GBを超える通信を行うと、一時的に速度制限がかかります。

【WiMAXの一時的な速度制限】

制限がかかる条件
3日間の通信量が10GBを超えた場合
速度制限の内容
3日間で10GBを超えた日の翌日18時ごろ〜翌2時ごろまで、通信速度1Mbps程度に制限

しかし、NEXTmobileならこうした速度制限なし。

1ヵ月の通信容量を超えない限りは、速度制限なしに利用できます。

大容量で低価格

NEXTmobileはキャリア回線を利用してインターネットが楽しめますが、他のキャリアと比べて料金がお得な点もメリットの一つ。

たとえば、ドコモで同じ内容のデータプランを利用する場合、月額料金は次の通りとなります。

【ドコモでデータプランを利用する場合】

  • 基本プラン(データプラン)…1,700円
  • インターネット接続サービス(spモード)…300円
  • パケットパック…20GBで6,000円、30GBで8,000円

合計…
20GBで8,000円〜
30GBで10,000円〜

これが、NEXTmobileなら
20GBで2,760円〜
30GBで3,490円!

50GBでも4,280円なので、ドコモの20GBプランと比較して約半分の料金で2.5倍の通信が可能になります。

今ならキャンペーンで端末無料

NEXTmobileでは現在、端末が無料になるキャンペーンも実施中!

通常、端末料金は初期費用として支払うか、月々の料金に上乗せという形で支払うのが一般的です。

しかしNEXTmobileなら端末無料なので、初期費用として支払うことも月額料金に上乗せされて支払うこともありません。

とにかく安くインターネットを始めたい人にも向いています。

最短即日発送

平日の13時までに申し込めば、最短で即日発送にも対応可能!

利用にあたっては回線工事も不要なので、端末が届けばすぐにインターネットを楽しめます。

もちろん送料は無料。

「とにかく早くインターネットを使いたい!」

そんな人にこそ、NEXTmobileはオススメです。

お申込みはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
NEXT mobile

NEXTmobileの注意点

メリットの多いNEXTmobileですが、注意点もあります。

特にプラン選びに関しては注意が必要です。

契約期間中のプラン変更はできない

NEXTmobileには3種類の料金プランがありますが、契約期間中はプランの変更ができません。

最初に選んだ料金プランを最低2年間は使い続けることになります。

ライフスタイルが変わったとしても料金プランの変更ができないので、プラン選びは慎重に行う必要があります。

解約違約金あり

NEXTmobileの契約期間は2年間。

契約期間内に解約すると、解約違約金が発生します。

違約金の額は、

  • 1年目(0〜12ヵ月目)19,000円
  • 2年目(13〜24ヵ月目)14,000円
  • それ以降は、更新月を除いて9,500円

口座振替は30GBプランのみ・手数料200円

NEXTmobileの支払い方法は、クレジットカードまたは口座振替の2通り。

しかし、口座振替が利用できるのは30GBプランを契約している場合のみ。

しかも月額料金とは別に、200円の手数料が必要となります。

20GBおよび50GBプランの場合は、クレジットカード払いだけしか利用できません。

NEXTmobileの料金プラン

NEXTmobileの料金プランは、1ヵ月間の通信容量に応じて3種類あります。

【NEXTmobile料金プラン】
プラン名 ギガネクスト
20GBプラン
ギガネクスト
30GBプラン
ギガネクスト
50GBプラン
月額利用料
(24ヵ月目まで)
2,760円 3,490円 4,880円
月間データ通信量 20GB 30GB 50GB
備考 25ヵ月目以降
3,695円
25ヵ月目以降
3,695円
25ヵ月目以降
5,815円

このうち、一番人気はギガネクスト30GBプラン。

30GBあれば、DVD程度の画質の動画を1ヵ月間に70時間程度は見ることができます。

※YouTubeの場合、DVD程度の画質は480pが該当

「とにかく空いた時間は動画を見たりゲームをしたりして、ずっとインターネットを使っている」

こんな使い方であれば30GBだと足りなくなる可能性が高いですが、そうでなければ30GBプランでも十分利用できます。

通信速度について

NEXTmobileの最大速度(下り)は150Mbps。

WiMAX(下り最大速度は708Mbpsまで対応)と比べると数値上は遅いですが、実測値としては実はほぼ同じです。

【NEXTmobileとWiMAX速度比較】
端末 時間 下り速度 通信網 計測日
WiMAX(W05) 22時台 23.5Mbps WiMAX2+ハイスピードエリアモード 2018/2/16
WiMAX(W05) 22時台 31.7Mbps WiMAX2+ハイスピードエリアモード 2018/2/16
NEXTmobile(FS030W) 16時台 13Mbps Softbank 4G LTE 2018/2/19
NEXTmobile(FS030W) 16時台 30.8Mbps Softbank 4G LTE 2018/2/19

上の表は、NEXTmobileの端末「FS030W」とWiMAXの最新端末「W05」の通信速度を計測したもの。

いずれもiPhoneアプリのSpeed testを利用して、赤坂TBS裏で計測しています。

日にちや計測時間帯に違いがあるものの、実測値はどちらも概ね30Mbps程度。

つまり、NEXTmobileとWiMAXの実際の通信速度はほぼ同じということが分かります。

NEXTmobileの評判

とにかく繋がる

ソフトバンクと同じ回線を利用しているため、ソフトバンクのスマホを使うのと同じ感覚で利用できます。

室内はもちろん、地下鉄などでもOK!

WiMAXのエリア外で諦めていた人でも“NEXTmobileなら利用できる”という口コミもありました。

通信速度も速い

NEXTmobileは格安SIMのようにソフトバンク回線を「借りて」いるのではなく、直接利用しています。

そのため、ソフトバンクと同じように通信速度も速いのです。

“ネクストモバイルのwifiで都内の地下鉄ホーム内で速度チェックしてみた。大手キャリアと変わらない結果に驚いた”

こうした口コミもあります。

容量制限には不満

月の通信容量は20GB・30GB・50GBといずれも大容量ですが、結局は1ヵ月あたりのデータ容量を考える必要があります。

“動画をたくさん見る人やオンラインゲームをやる人は、WiMAXのギガ放題の方が安心”
という口コミもありました。

NEXTmobileは通信容量を使い切ってしまうと容量の追加も出来ず、翌月まではネットがほぼ使えない状況になってしまいます。

この点、WiMAXなら「3日間で10GBを超えると一時的に速度制限がかかる」ものの、上限を考える必要なし。

速度制限に関しても、ネットが使えなくなるほどの制限ではありません。

インターネットのヘビーユーザーにとってはWiMAXの方が使い勝手が良いと言えそうです。

NEXTmobile取扱い端末

【NEXTmobile取扱い端末】
端末名 FS030W
FS030W
HT100LN
HT100LN
通信速度下り 最大150.0Mbps 最大150.0Mbps
通信速度上り 最大50.0Mbps 最大50.0Mbps
連続通信時間 約20時間 コンセント接続で利用
同時接続台数 15台 10台
重さ 約128g 約200g

NEXTmobileで取り扱っている端末は2種類。

最大通信速度はどちらも同じなので、使い方によって端末を選ぶのがおすすめです。

持ち運ぶならFS030W

FS030W
外出先でもインターネットを使いたいなら、FS030Wがおすすめ。

フル充電で最大20時間利用できるので、外出先でも安心して利用できます。

重さもわずか128g。

iPhone 8(148g)やiPhone X(174g)よりも軽いので、気軽に持ち運べます。

同時に接続できる台数も15台と多いので、1人暮らしで様々な端末を接続するのはもちろん、家族みんなで使っても問題ありません。

自宅の固定回線代わりならHT100LN

HT100LN
こちらはコンセントにつないで使うタイプのルーター。

充電はできないので、利用できるのは自宅など電源のある場所だけとなります。

インターネットに接続するための初期設定も、専用アプリ「Aterm らくらく設定アシスト」を利用すればすぐに完了!

IDやパスワードを入力する手間も不要なので、初めて接続設定する人でも安心です。

WiMAXと比較すると?

NEXTmobileのライバルとも言えるのがWiMAX。

WiMAXと比べると、次のような点でNEXTmobileの方が一歩リードといったところです。

通信容量が30GB以下ならNEXTmobileがおすすめ

1ヵ月間の通信容量が30GB以下なら、WiMAXよりもNEXTmobileを選ぶ方がオススメです。

  • WiMAXより繋がるエリアが広い
    WiMAXでは繋がりにくくなるビルの中や地下鉄内でも、NEXTmobileなら利用できます。
  • 通信速度もWiMAXとほぼ同じ
  • 月額料金もお得

WiMAXの料金はプロバイダによっても異なりますが、概ね3,300円〜4,380円。

NEXTmobileは20GBで2,760円、30GBで3,490円なので、通信容量が少ない人ならネット代の節約も可能です。

あくまでも2年間の利用が前提なうえ期間中はプランの変更もできないため、まずは自分自身や家族のネットの使い方をよく確認しておくのが安心。

月に30GB程度で問題ナシということであれば、NEXTmobileの利用をオススメします。

お申込みはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
NEXT mobile