iPadイメージ
新しくiPadを購入するなら知っておくべき、おすすめのネット環境の選び方、それぞれのメリットやデメリットを整理しました。

iPadの2つのモデル

iPadには2つのモデルがあります。

  • Wi-Fiでのみ通信ができるWi-Fiモデル
  • 携帯電話の圏内(LTE)でも通信できるWi-Fi+Cellularモデル

Cellular(セルラー)モデルだと約1万4000円高くなることから、できればWi-Fiモデルを選びたいですね。

どちらのモデルを選ぶにしても、ポイントはWi-Fiを上手に利用すること。

Wi-Fiのネット環境について考えていきたいと思います。

Wi-Fiで考えられる4つのネット環境

Wi-Fi環境は、4つの方法が考えられます。

1.光回線を利用する

フレッツ光やプロバイダ光を利用して、Wi-Fi環境を作る方法。

すでにお家で光回線を利用している人は、この光回線が基本になるでしょう。

もし光回線はあっても有線LANで接続している場合は、無線LANルーターを購入する必要があります。

特にこだわりが無ければ、BUFFALO(バッファロー)かELECOM(エレコム)の11 ac/n/a/g/bという種類を選びます。
7,000円くらいからあります。

3階建てや大きな家では、無線が強いハイパワータイプか中継機付きを選びます。
12,000円くらいからあります。

1-1.光回線のメリット・デメリット

光回線のメリットは、

  • 通信速度が安定していること。昼休みや夜間の混雑時にも快適な速度で通信できます。
  • 通信容量の制限がないこと。大きなファイルのダウンロードや高画質な動画も、容量を気にせず利用できます。
  • 通信速度が早いこと。フレッツ光やauひかりでは下り最大1Gbps、NURO光では最大2Gbpsという高速通信が可能。

光回線のデメリットは

  • 家でしか使えないこと。光回線の最大のデメリットですね。特にiPadは持ち運べるメリットがあるので、どんどん外に持ち出したくなります。
  • 新しく回線を引く場合は、開通まで1ヶ月かかること。繁忙期は数ヶ月待つこともあります。
  • 家まで光回線が通じていないと、開通の工事費用が数万円かかること。
  • プロバイダと光回線をセットで契約する「プロバイダ光」に契約すると2年契約など縛りがあること。

1-2.光回線はこんな人にオススメ

既に光回線を利用している人はもちろんですが、iPadを自宅でしか利用しないような人にはオススメです。

今は光を利用していなくても、例えば住んでいる物件が光完備のような場合は工事費が不要。
新たに契約するのも良いでしょう。

2.スマホのテザリングを利用する

2つ目はスマホのテザリング機能を利用する方法。
テザリングに対応したスマホさえあればOKなので、新しく契約する必要もありません。

2-1.テザリングのメリット・デメリット

テザリングのメリットは、

  • とにかく手軽。たぶん今のスマホでそのまま利用できるでしょう。
  • スマホのLTE回線なので通信エリアも広く、安定しています。

テザリングのデメリットは

  • 電池の消耗が激しいこと。テザリングではアッという間に電池がなくなります。予備のバッテリーは必ず用意しましょう。
  • データ通信容量に要注意。iPadが勝手にiOSやiCloudの更新をすると、GB単位でデータ通信量を消費してしまうことも。
  • いちいちつなぐのが面倒。iPhoneとテザリングする場合でも、使い始める時はすんなりとつながらない事が多い。

2-2.テザリングはこんな人にオススメ

テザリングがオススメなのは、
外出先でのiPad使用頻度が少ない人。
スマホさえあればどこでも通信できる反面、電池消費が激しい点と通信量に制限がある点を考えると、頻繁に利用する人には不向きです。

通信量については格安SIMで大容量パックを利用するなど工夫をすれば、余裕をもって使えることもあります。スマホとiPadでどれくらい通信するか考えて選ぶと良いでしょう。

3.ポケットWi-Fiを利用する

3つ目はポケットWi-Fiを利用するという方法。

ポケットWi-Fiは、正式には旧イーモバイル(現Y!モバイル)の登録商標なのですが、一般的にはWiMAX以外のモバイルWi-FiルーターをポケットWi-Fiと呼びます。

ポケットWi-Fiを利用するということは、スマホでテザリングするのと同じ感覚で、スマホがポケットWi-Fiに替わったと考えてもらえばOK。

3-1.ポケットWi-Fiのメリット・デメリット

ポケットWi-Fiのメリットは、

  • スマホと分けてデータ通信だけを契約できる。格安SIMを気軽に乗り換えたり自由に契約を乗り換えることが可能です。
  • 気軽に持ち運べて、エリアも広い。スマホと同じLTE回線だから、スマホが使える範囲では利用できます。

ポケットWi-Fiのデメリットは、

  • モバイルWi-Fi本体が有料だということ。モバイルWi-Fi本体で1万円近く支払うなら、1万4000円を出してiPadのセルラータイプを選んだ方が良いかも。
  • 月のデータ容量制限が少ない。無制限のプランでも3日制限が3GBなどで実質30GBだったりする。家に光回線がない人には容量が足りない。
  • 大手キャリアでは2年縛り契約になる。ライフスタイルが変わって不要になっても、解約すると違約金がかかる。
  • モバイルWi-Fiの機種によっては、いちいち電源を入れないとつながらないものも。毎回電源をいれるのは、結構面倒です。
  • 格安SIM(MVNO)を利用すると、平日の昼休みや夜など混雑時に通信速度が遅くなる。平日昼は1Mbpsを下回る場合もある。動画どころかサイトを見るのも遅く感じるレベルです。

3-2.ポケットWi-Fiはこんな人にオススメ

月間のデータ通信量に上限があるので、iPadでのデータ通信量がそこまで多くない人ならポケットWi-Fiもあり。

ただし、iPadの他にノートパソコンなどでモバイルWi-Fiを利用しない人は、iPadのセルラータイプを選ぶ方が何かと便利でしょう。

モバイルWi-Fiは、格安SIMも使えるので、通信速度が遅くてもいいからとにかく安く利用したい人には向いています。

4.WiMAXを利用する

4つ目の方法は、WiMAXを利用すること。

WiMAXとは、スマホと違う専用の電波と設備でデータ通信ができるモバイルルーターです。
WiMAXのシステム運営元は、auと同じKDDI系列の「UQコミュニケーションズ」

ただしWiMAXの契約は、UQコミュニケーションズ以外に20社を超える会社でできます。
各社違う料金プランでWiMAXを販売しています。

どこの会社を選んでも通信の品質や速度は同じ。あくまで料金プランだけが違います。

4-1.WiMAXのメリット・デメリット

WiMAXのメリットは、

  • メインとなるギガ放題プランでは、月の容量制限がない。3日制限も10GBと大きいので、普通に使うぶんには、まず制限にかかることはない。
  • 混雑時にも通信速度が全く遅くならない。平日の昼も夜間も、速度は安定している。
  • 気軽に持ち運べて、スマホ(LTE)ほどでは無いが、都心部ではほとんどのエリアで利用することができる。
  • 3日の速度制限がかかっても、実際に制限されるのは18時ごろから翌2時までの8時間程度、1Mbpsに制限されるだけ。そこそこの速度があり、制限される時間も短い(2017年2月2日にこのシステムに変更済)
  • モバイルルーター本体は、最新機種が実質無料で手に入る

WiMAXのデメリットは、

  • 費用は、本体込みで月額3,500円程度だが、2年縛りの契約になる
  • 使っている電波が障害物にやや弱い種類なので、ビルの奥の部屋などでは遅かったりすることがある。(とくとくBBなどで20日間お試しが可能)
  • スマホ(LTE)に比べると、利用可能エリアがやや狭い。

4-2.WiMAXはこんな人にオススメ

データ量に制限がないため、通信量が多い人に向いています。

また自宅の固定回線代わりに利用することもできるので、自宅のノートPCやゲーム機でもインターネットを使いたい一人暮らしに最適です。

まとめ

「iPadに快適なネット環境」と言っても、あなたの使い方やライフスタイルによって違います。

iPadを自宅外に持ち出すことがほとんどなく、光回線を利用できる環境にあるならば光回線。

外に持ち出す機会が多少あるものの使用頻度は少なく、テザリング対応のスマホを利用しているならば、スマホのテザリング。

外でもたくさん通信する場合や、固定回線は引けないけれど自宅でもインターネットを楽しみたいと考えているならWiMAX。

それぞれあなたに合ったものを選んで、iPadを快適に楽しんでください。