ビデオパス

auがサービスを提供している「ビデオパス」

2012年にauがサービスをスタートさせた、auユーザー限定の動画配信サービスです。

サービス開始から5年経ち、ライバルともいえるサービスが数多く出現する中、ビデオパスにはどんなメリットがあるのか?

色々な視点からチェックしてみました!

auビデオパスのメリットや注意点

auビデオパスのメリット

月額料金が安い
ビデオパスの月額料金は562円。
参考までに他の動画配信サービスの料金は…

auビデオパスは、dTVよりは高いとはいえ、その差はわずか62円。
動画配信サービスの中では、お得な料金設定だといえるでしょう。

新作が毎月1本無料レンタルできる
540円分のビデオコインが毎月付与されるので、新作が毎月1本レンタルできます。
オンラインで動画が視聴できるので、「レンタルショップに行く必要ナシ」「貸出中の心配ナシ」「延滞料金不要」といったメリットもあります。
作品によってはオフライン視聴OK
全ての作品が対応しているわけではないですが、動画はあらかじめダウンロード・保存しておくこともできます。
端末にダウンロードできるコンテンツは、最大5作品。
通信量や電波状況を気にせず動画が楽しめます。
映画館などの割引特典あり
「auマンデイ」で、毎週月曜日は映画が1,100円に!
全国のTOHOシネマズで映画鑑賞料金が割引になります。
本人だけでなく同伴者1名まで割引適用になるので、友達や恋人と一緒に楽しめるのが嬉しいですね。
さらに、ビデオパス会員限定でポップコーンセットが半額に!
オンライン動画も楽しみつつ、劇場でも楽しむ…まさに映画好きにはたまらない特典です。
30日間の無料お試し期間あり
期間中に解約すれば費用は一切かかりません。迷ったら試しに登録してみましょう。

ビデオパスの注意点

auユーザー限定
対象者がauユーザー限定で、誰もが利用できるサービスではありません。
ドコモのdTVも以前はドコモユーザー限定のサービスでしたが、現在は誰でも利用できるサービスに。
ソフトバンクも以前はUULAというソフトバンクユーザー限定の動画配信サービスを提供していましたが、現在は終了しています。
レンタル作品の視聴期間が短い
ビデオパスのレンタル作品は、視聴期間が2日〜7日間。
ただ、7日間視聴可能な作品は少なめで、多くの作品が2日〜3日間となっています。
一方、ビデオパスと同じようにオンラインでレンタルできる楽天TVの場合、視聴期間はなんと30日間!
他サービスと比べて視聴期間が短い点には注意が必要です。
配信作品数が少ない
「1万作品が見放題」と聞くと多く感じるかもしれません。
しかし、他のサービスでは…

  • dTVやU-NEXT:12万作品
  • Hulu:4万作品

とさらに多くの作品数が見放題。
ただ動画配信サービスは「配信作品数が多い=(自分にとって)良いサービスである」とは限りません。
なぜなら、いくら多くの作品が配信されていても、自分が見たいと思う作品がなければ意味がないから。
配信作品数はあくまでも参考程度と考えておけばいいでしょう。

ビデオコインには有効期限あり
レンタル作品に利用できるビデオコインですが、付与された月の翌月末まで有効となります。
期限を過ぎてしまうと消滅してしまうので、注意してください。
auビデオパスの支払い方法は「auかんたん決済」のみ。
そもそもauのエンタメオプションのひとつという位置づけなので、スマホ代と一緒に支払うのも当たり前かもしれません。

無料お試し期間は30日間

初回登録に限り30日間無料
(ビデオコインの付与もあり)

ビデオパスが気になっている人は、この無料お試し期間を使って使い心地をチェックしてみるといいですよ。
もちろん、期間内に解約すれば料金は発生しません。

公式サイトはこちら
【公式】auビデオパス

主要動画配信11サイトの比較まとめ

※表はスクロールします→

 dTVHuluU-NXTフジテレビオンデマンドビデオマーケット楽天TVTSUTAYA TVNetflixauビデオパスamazonプライムビデオDAZN
ここがイチオシ作品数1位
ジャンル1位
契約者数1位
契約者数2位、日テレドラマ豊富、海外ドラマ独占等あり契約者数3位、ポイントで書籍やマンガも読める。雑誌読み放題。プランが豊富、雑誌読み放題国内最大規模。
テレビ局の連携も強い。
楽天スーパーポイントが使えて、貯まる!ポイントで新作2本は毎月見れる!
DISCUSとセットでお得。
世界1位、オリジナルが豊富新作が毎月1本無料、とにかく安い、プライム会員に自動についてくるイメージJリーグ全試合放送、スポーツに特化。
注意点海外作品は少し少なめ2017年5月に通信トラブル、外部ディスプレイにはHDCP対応必要ポイントを含むので月額料金が高い。テレビの視聴不可、プランが多くて複雑なぜか認知度が低い。オフラインがない。プレミアム見放題はU-NEXTと基本的に同じサービス。見放題作品は少ない音楽、スポーツ、国内ドラマは少なめ、日本語窓口が少ない。auユーザー限定、作品数は少ない。作品数はかなり少ない。(3万作品のほとんどが英語)スポーツの種類に偏りがある。
月額料金見放題月額500円
(新作など一部は個別料金)
見放題月額933円見放題月額1,990円
(1,200円分ポイント込)
(新作など一部は個別料金)
見放題月額888円
その他多くのプラン有り
見放題月額980円
(540円分ポイント込)
見放題月額300〜1,990円
(新作など一部は個別料金)
見放題月額990円
(1,080円ポイント込)
見放題月額650円〜1,450円
見放題月額562円プライム会員年会費3,900円見放題月額1,750円
(ドコモユーザー980円)
無料お試し期間31日間無料2週間無料31日間無料31日間無料初月無料31日間無料30日間無料30日間無料30日間無料30日間無料31日間無料
作品数12万作品4万作品12万作品非公開18万作品4万作品8.5万作品非公開1万作品3万作品(英語含)年間6,000試合
オフライン視聴

×

×

×

×

複数デバイス
同時視聴

×

×

×

×

×

×

×

1〜4端末

×

×

2端末
複数アカウント

×

6アカウント4アカウント

×

×

×

×

×

×

×

×

×

ジャンルオリジナル、アニメ、ライブミュージックビデオ、洋画、邦画、カラオケ、マンガ、国内ドラマ、海外ドラマ、韓国ドラマ、バラエティ、キッズ、シアター、ショートショート、ニュース、最新レンタル、FOXチャンネル、ガールズオリジナル、アニメ、リアルタイム、洋画、邦画、国内ドラマ、海外ドラマ、韓国ドラマ、バラエティ、キッズ、チャンネル洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジアドラマ、国内ドラマ、アニメ、マンガ・書籍、雑誌、キッズ、ドキュメンタリー、音楽・アイドル、バラエティ、アダルト洋画、邦画、国内ドラマ、オリジナル、アニメ、スポーツ、エンタメ、雑誌、マンガ、書籍洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジアドラマ、国内ドラマ、アニメ、キッズ、ドキュメンタリー、バラエティ、パチスロ、グラビア洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジアドラマ、国内ドラマ、アニメ、キッズ、ドキュメンタリー、音楽・アイドル、バラエティ、ハリウッドスタジオ、テレビ局、アダルト洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジアドラマ、国内ドラマ、アニメ、キッズ、ドキュメンタリー、音楽・アイドル、バラエティ、アダルトオリジナル、洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジアドラマ、国内ドラマ、アニメ、キッズ、ドキュメンタリー、バラエティオリジナル、洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジアドラマ、国内ドラマ、アニメ、キッズ、ドキュメンタリー、バラエティオリジナル、洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジアドラマ、国内ドラマ、アニメ、キッズ、ドキュメンタリー、バラエティスポーツ
アダルト(R18)

×

×

見放題有

×

×

見放題有見放題有

×

×

×

×

公式サイト【公式】dTV【公式】Hulu【公式】U-NEXT【公式】FODプレミアム【公式】ビデオマーケット【公式】Rakuten TV【公式】TSUTAYAディスカス【公式】Netflix【公式】auビデオパス【公式】Amazonビデオ【公式】DAZN

※情報は定期的にチェックしていますが、契約前に必ずご自身で確認願います。

auユーザー限定サービス・ビデオパス

ビデオパスはauのエンタメオプションのひとつ。

auユーザーであればだれでも利用可能です。
※スマホや携帯以外にも、auひかりなどauのサービスを利用していれば登録可能
※登録にはau IDが必要

月額料金を支払えばだれでも視聴OKな見放題作品と、個別課金制であるレンタル作品の2種類の動画を配信。

動画配信以外にも週に1回、映画館が割引料金で利用できる特典もあり、映画好きなauユーザーにとっては嬉しい内容となっています。

見放題作品の数は1万本

見放題作品は1万本。
ジャンル:洋画、邦画、テレビドラマ(国内外)、アニメ・キッズ、音楽、お笑い 等
このほか、レンタル作品も多数配信されています。

利用可能デバイス

  • スマートフォン
  • タブレット
  • テレビ(Chromecast、Apple TV、Smart TV Box など)
  • PC

※スマホ・タブレットで視聴する場合は、専用アプリが必要

auビデオパスがオススメな人

  • auユーザー(何かしらauのサービスを利用している人)
  • 映画館をよく利用する人
  • なるべくお得な動画配信サービスを利用したい人

auユーザーしか利用できないビデオパスですが、逆にいうとauユーザーなら検討する価値は大いにあります。

学生からお年寄りまで利用者がいるauだからこそ、幅広い年代向けの動画を配信しているビデオパス。

まずはお試し期間を利用して、使い心地をチェックしてみてくださいね。

公式サイトはこちら
【公式】auビデオパス