「auユーザーだけどauひかりはエリア外! スマートバリューはあきらめるしかない?」

「一人暮らしで固定回線は不要だけど、スマートバリューの適用を受ける方法はある?」

固定通信などとセットで利用するとauのスマホがお得になる、auスマートバリュー。

スマートバリューの適用が受けられるのは、実はauひかりだけではないんです!

スマートバリューの適用対象になるのはどんなものがあるのか、早速見ていきましょう。

auスマートバリューとは?

auスマートバリューとは簡単に言うと、auのスマホや携帯、タブレットとインターネットサービスのセット割のこと。

このスマートバリューにも内容に応じて2種類あります。

1. auスマートバリュー

インターネット+電話(契約先によってはネット+テレビ、電話+テレビ)とのセットで適用されるもの。

auスマホ、ケータイ、タブレットが対象です。

割引額は利用しているパケット定額プランによって変わります。

【スマートバリューの割引】
利用プラン割引額
・データ定額10/13/30
・データ定額10
(ケータイ)
/13(ケータイ)
最大2年間:2,000円/月
(それ以降934円/月)
・データ定額5/8/20
・LTEフラット
・ISフラット
・プランF(IS)シンプル
・データ定額5(ケータイ)/8(ケータイ)
・LTEフラット for Tab/Tab (i) / Tab (L)
・LTEフラット for DATA (m)
最大2年間:1,410円/月
(それ以降934円/月)
・データ定額2/3
・ジュニアスマート
 フォンプラン
・シニアプラン(V)
・LTEフラットcp(1GB)
・カケホ(3Gケータイ・データ付)
・データ定額2(ケータイ)/3(ケータイ)
・シニアプラン
永年934円/月
・データ定額1
・データ定額1
(ケータイ)
最大2年間:934円/月
(それ以降500円/月)
・LTEダブル定額
for Tab/Tab (i)
永年1,000円/月

スマートバリューは固定回線1回線につき、スマホなど10回線までが割引の対象に。

家族4人でデータ定額10を利用していれば、合計8,000円も割引になります。

50歳以上の家族であれば、離れて暮らしていても割引の対象とすることも可能です。

2. auスマートバリューmine

こちらはWi-Fiルーターとのセット利用で割引になるもの。

auスマホ、ケータイが割引対象となります。

【スマートバリューmineの割引額】
利用プラン割引額
・データ定額5/8/10/13/20/30
・LTEフラット
・ISフラット
・プランF(IS)シンプル
・データ定額5(ケータイ)/8(ケータイ)/10(ケータイ)/13(ケータイ)
934円/月
・データ定額2/3
・ジュニアスマートフォンプラン
・シニアプラン(V)
・LTEフラットcp(1GB)
・カケホ(3Gケータイ・データ付)
・データ定額2(ケータイ)/3(ケータイ)
・シニアプラン
743円/月
・データ定額1
・データ定額1
(ケータイ)
500円/月

Wi-Fiルーター利用の場合、割引対象となるauスマホ等は1回線のみとなります。

スマートバリューといえばauひかり!?

auスマートバリューが利用できるインターネットサービスと言えば、「auひかり」。

auひかりの場合、インターネット+電話もしくはインターネット+電話+テレビを契約した場合に、auスマートバリューの適用対象となります。

auひかりの月額料金は
戸建て5,400円〜
集合住宅で4,300円〜

集合住宅なら家族2人、戸建てなら3人でデータ定額10を利用していれば、インターネット代が実質無料で利用できるという計算になります。

エリアの狭さがデメリット

このauひかりには、利用できるエリアがやや狭いというデメリットも。

主に都市部であれば利用できますが、そこから外れると利用できない場所が多いというのが実際のところなんです。

さらに集合住宅の場合は利用可能エリア内であっても、建物によっては利用できないことも。

でも諦めることはありません。

auひかりの他にも、スマートバリューの適用が受けられる光インターネットはあるんです!

スマートバリューが使える光インターネット6つ

auひかりの他にスマートバリューの適用が受けられる光インターネットは、全部で6つ。

実は適用が受けられたのに知らなかった! なんてこともあるかもしれません。

1.auひかり ちゅら(沖縄エリア)

auひかり ちゅらは、沖縄エリアで利用できる光インターネットサービス。

インターネット+電話の利用でスマートバリューの適用が受けられます。

月額料金は
戸建てタイプ:5,600円〜
マンションタイプ:3,800円〜

戸建てタイプの場合はスマホ代の割引だけでなく、ホームゲートウェイのレンタル料も無料となります。

2.コミュファ光(中部エリア)

コミュファ光は中部エリアで利用できるインターネットサービス。

インターネット+電話の利用で、戸建てタイプ・マンションタイプともに月額5,550円〜となっています。

なお、コミュファ光には月額料金が割引になる「ギガスタート割」もあります。

ギガスタート割はauスマートバリューとの併用不可なので、注意してください。

3.eo光(関西エリア)

関西エリアで利用できるeo光。

通常月額料金はネット+電話で
戸建てタイプ:5,239円〜
マンションタイプ:3,824円〜

4.Pikara(四国エリア)

四国エリアでスマートバリューの対象となっているのは、Pikara。

ネット+電話で料金は
戸建てタイプ:5,400円
マンションタイプ:4,200円

なお、この料金は月額料金が300円/割引となる「ずっトク割フラットコース」適用後の料金です。

5.MEGA EGG(中国エリア)

こちらは中国エリアで利用できる光インターネットサービス。

月額料金はネット+電話で
戸建てタイプ:4,500円〜
マンションタイプ:3,500円〜
利用できます。

これらの料金はいずれも、各種割引適用後の利用料金です。

6.BBIQ(九州エリア)

九州エリアであれば、BBIQでスマートバリューが利用可能。

ネット+電話で
戸建て:4,900円〜
マンション:4,300円〜

ケーブルテレビのインターネットでも適用OK!

ここまでエリア別で利用可能な光インターネットサービスを紹介しました。

こうした光インターネットサービスの他にも、実はケーブルテレビでもスマートバリューが利用できるんです。

【スマートバリュー対応のケーブルテレビ】
エリアケーブルテレビ局
北海道J:COM、旭川ケーブルテレビ、帯広シティケーブル、苫小牧ケーブルテレビ、NCV函館センター
東北J:COM、秋田ケーブルテレビ、一関ケーブルネットワーク、大館ケーブルテレビ、CAT-V、NCV米沢センター、花巻ケーブルテレビ、八戸テレビ放送、マリネット
関東J:COM、iTSCOM、AIC、いちはらケーブルテレビ、入間ケーブルテレビ、瑞穂ケーブルテレビ、宇都宮ケーブルテレビ、NCT、鹿沼ケーブルテレビ、c.c.9ケーブルテレビ、ケーブルテレビ品川、ケーブルテレビ河口湖、ACCS、ケーブルネット296、佐野ケーブルテレビ、さやまケーブルテレビ、ケーブルテレビJWAY、上越ケーブルビジョン、湘南ケーブルネットワーク、大井松田ケーブルテレビ局、多摩ケーブルネットワーク、多摩テレビ、銚子テレビ放送、らーばんねっと、テレビ小山放送、東京ケーブルネットワーク、東京ベイネットワーク、としまてれび、NCV新潟センター、NNS日本ネットワークサービス、東松山ケーブルテレビ、YOU テレビ、ゆずの里ケーブルテレビ、YCV、わたらせテレビ、ケーブルテレウインク
中部アイ・シー・シー、あづみ野テレビ、アドバンスコープ、伊賀上野ケーブルテレビ、IKC、伊那ケーブルテレビジョン、長野ケーブルテレビ、エコシティー・駒ヶ岳、LCV、大垣ケーブルテレビ、おりべネットワーク、KATCH、グリーンシティ、クローバーTV、ウィンディ、ケーブルテレビ可児、ケーブルネット鈴鹿、コミュニティテレビこもろ、CAC、CCN、CTY、須高ケーブルテレビ、スターキャット、ZTV、知多半島ケーブルネットワーク、知多メディアスネットワーク、中部ケーブルネットワーク、ティーズ、テレビ松本、TOKAIケーブルネットワーク、トコちゃんねる静岡、ひまわりネットワーク、MCTV、三河湾ネットワーク、ミクスネットワーク
北陸あさがおテレビ、しみずケーブルネットワーク、金沢ケーブルテレビネット、加賀ケーブルテレビ、ケーブルテレビ富山、高岡ケーブルネットワーク、丹南ケーブルテレビ、テレビこまつ、となみ衛星通信テレビ、NICE TV、福井ケーブルテレビ、さかいケーブルテレビ、嶺南ケーブルネットワーク
関西J:COM、あいコムこうか、明石ケーブルテレビ、KCN、KCN京都、ZTV、テレビ岸和田、BAN-BAN、東近江スマイルネット、姫路ケーブルテレビ、Baycom、RCV
中国J:COM、アイ・キャン、出雲ケーブルビジョン、井原放送、oniビジョン、ゆめネット、KCT、Kビジョン、ケーブル・ジョイ、シティーケーブル周南、たまテレ、中海テレビ放送、日本海ケーブルネットワーク、ちゅピcomおのみち、ちゅピcomひろしま、ちゅピcomふれあい
四国今治CATV、テレビ鳴門、香川テレビ放送網、cosmos TV
九州J:COM、諫早ケーブルテレビ、伊万里ケーブルテレビジョン、大分ケーブルテレコム、おおむらケーブルテレビ、沖縄ケーブルネットワーク、ケーブルステーション福岡、ケーブルメディアwaiwai、ケーブルワン、皇徳寺ケーブルテレビ、テレビ佐世保、長崎ケーブルメディア、鹿島ケーブルテレビ、ぶんぶんテレビ、くーみんテレビ、はっぴとすビジョン、CTBメディア、ひまわりてれび、BTV、MCT Arianet、宮崎ケーブルテレビ

表にある通り、auスマートバリューに対応しているケーブルテレビ局は日本全国になんと151社!

これだけ多くのケーブルテレビ局が対応しているので、auひかりなどが利用できないエリアでも、スマートバリューの適用が受けられる可能性大なんです。

さらに、auスマートバリューは基本的にネット+電話で割引対象となりますが、ケーブルテレビの場合はそれ以外の組み合わせ(テレビ+電話等)でも利用可能な場合も。

auユーザーでケーブルテレビを利用しているあなた、スマートバリューが利用できないか是非一度チェックしてみてください。

auスマートバリューmineはWiMAXで適用可能

Wi-Fiルーターとのセット利用で割引になる、auスマートバリューmine。

この場合のWi-Fiルーターとは、WiMAXサービスを利用したルーターのことを指します。

WiMAXサービスの契約先はauである必要なし。

UQコミュニケーションズはもちろん、GMOなどのプロバイダと契約している場合でもOKです。

そもそも、auスマートバリューmineでは割引になるのもWi-Fiルーター1回線の契約につき、auスマホ・ケータイも1回線。

まさに一人暮らし向けの割引と言えますよね。

au+インターネットならスマートバリューが断然お得

auを使いながらインターネットと固定電話を利用するのであれば、このスマートバリューを利用しないとはっきり言って損!

今回見てきたように、auスマートバリューの適用が受けられるインターネットサービスはかなり沢山あるんです。

もちろん、対象となる固定通信サービスの条件が「ネット+電話」で、ネットのみの契約で利用できない点などデメリットもあります。

しかし、ひかり電話自体も従来のNTT加入電話に比べると通話料が安く、基本料金も加入電話の半分以下。

現時点で加入電話を利用しているような場合は、お得になること間違いなしなんです。

光インターネットが使えなくても利用できる可能性大のauスマートバリューやauスマートバリューmine。

auユーザーなら一度確認することをオススメします!