契約するときは気にしなくても良いけれど、「解約しようかな…」と思ったときに重くのしかかるのが「契約期間と解約金」

「思っていたより解約金が高額だった!」
「気づいたら更新月を過ぎていた!」

そうなる前に、モバイルルーターの契約期間と解約金についてもしっかりチェックしておきましょう。

1.大手キャリアの場合

契約期間:2年間(2年単位の自動更新)
契約期間中解約の違約金:9,500円

ドコモなどの大手キャリアにも、モバイルルーターなどで利用できるデータプランがあります。

データプランの場合もスマホの利用などと同じように、契約期間は2年間。

更新月に解約の申し出がなければ、契約期間は自動的に更新されます。

契約期間中に解約したい場合、違約金として9,500円が必要。

これはドコモ、ソフトバンク、auの3社共通です。

2.ワイモバイルのPocket WiFi

ワイモバイルのPocket WiFiには、申込み方法に応じた次の2コースがあります。

2-1.モバイルルーター単体で申込んだ場合

契約期間:3年間(3年単位の自動更新)

契約期間中解約の違約金:9,500円

モバイルルーター単体で利用する場合、利用する端末ごとにプランが設定されています。

月額料金や1か月間のデータ通信容量も、利用端末によって異なるしくみ。

しかし、契約期間や違約金は共通です。

2-2.PCやタブレットとセット購入の場合

契約期間:3年間(3年経過後は別の契約種別「さんねん」に自動移行)

契約期間中解約の違約金:端末種類および解約時期によって異なる

モバイルルーターとPC・タブレットをセットで購入した場合は「バリューセット」が利用可能。

3年間の継続利用を条件とし長期契約割引を適用することで、購入時の支払い額を抑えることができる内容です。

例)Pocket WiFiプラン2向けバリューセットの場合

バリューセットを利用:39,400円(加入月)〜10,600円(3年目の契約満了月)

バリューセットライトを利用:26,400円(加入月)〜10,200円(3年目の契約満了月)

あらかじめ「3年間の継続利用が条件」となっているので、途中解約となると違約金は高額かなり高額になります。

利用期間には十分注意してください。

2-3.違約金不要で解約できるタイミングは?

ワイモバイルでは契約開始日を起算日とし、3年後の同日が含まれる料金月を満了月と考えます。

違約金不要で解約できる契約更新月は、この満了月の翌料金月と翌々料金月の2か月間となります。

3.格安SIMのデータ専用SIMの場合

契約期間:期間の定めがない事業者がほとんど

契約期間中解約の違約金:不要の事業者がほとんど

格安SIMでデータ専用SIMを申込み、モバイルルーターに挿して利用する方法です。

ルーター端末は自分で準備する必要がありますが、月額料金を抑えられるメリットがあります。

さらに、データ専用SIMについては契約期間の定めがなく、違約金も不要というところがほとんど。

契約期間の制限がないため、始める時も解約するときも気楽です。

4.WiMAXの場合

一か月あたりの通信量に制限がないため、自宅の固定回線代わりとしても使いやすいWiMAX。

1〜3のデータ通信サービスと違い、独自の通信網を利用したモバイルルーターです。

WiMAXはUQコミュニケーションズの他、いくつかのプロバイダがそれぞれにサービスを提供中。

通信品質や1か月あたりのデータ通信容量などは変わりませんが、料金などに違いがあります。

違約金についても契約先で異なるので、注意が必要です。

4-1.UQコミュニケーションズの場合

契約期間:2年間(2年単位の自動更新)

契約期間中解約の違約金:9,500円〜19,000円

違約金は解約のタイミングによって変わります。

課金開始月を1か月目として、13か月目までの間に解約した場合が19,000円。

14か月目〜25か月目が14,000円となり、それ以降が9,500円です。

UQコミュニケーションズでは、25か月目を「満了月」、26か月目を「更新月」と設定。

違約金不要で解約できるのは、満了月の末日と更新月の1か月間+1日となります。

4-2.とくとくBB WiMAXの場合

契約期間:2年間(2年単位の自動更新)

契約期間中解約の違約金:9,500円〜24,800円

違約金が24,800円となるのは、端末発送月の翌月を1か月目とし、24か月目まで。

それ以降は9,500円となります。

違約金が不要になるタイミングは25か月目の1か月間です。

とくとくBB WiMAXは新規申込み時の高額キャッシュバックが魅力の事業者。

その分、違約金も高額となっているのかもしれません。

4-3.ブロードWiMAXの場合

契約期間:2年間

契約期間中解約の違約金:契約期間中解約の違約金:9,500円〜19,000円

ブロードWiMAXについては、UQコミュニケーションズと同じ内容。

1年目が19,000円、2年目が14,000円でそれ以降が9,500円です。

UQコミュニケーションズと違うのは、違約金不要で解約できるタイミング。

課金開始月の翌月を1か月目として、25か月目が「更新月」になります。

この更新月に解約すれば、違約金は不要です。

決め手にはならないが、チェックしておきたい契約期間と違約金

ここまでの内容を簡単にまとめると、次のようになります。

  • 契約期間は2年が多いが、ワイモバイルは3年
  • 違約金は9,500円が一般的だが、WiMAXは高額傾向
  • 格安SIMは契約期間なし、違約金不要のところが多い

実際に契約先を決める際、契約期間や違約金の額が決め手になることはほとんどないでしょう。

自分自身のライフスタイルにきちんと合ったものを選べば、すぐに解約する可能性は少ないからです。

それでも、契約前に知っておきたい内容であることに変わりはありません。

月額料金やデータ容量だけでなく、こうした部分もしっかりチェックしておいてくださいね。