インターネットを利用したいなと思ったとき、申し込んでから実際に利用できるまでどれくらい時間がかかるのでしょうか。

すぐに利用したい! そんなワガママに応えてくれるインターネットについて。

固定回線はかなり時間がかかる

インターネットというと真っ先の思い浮かぶのが、光回線かもしれません。
NTTが提供するフレッツ光や、プロバイダが提供する光回線などがありますよね。

この光回線を利用したインターネット接続サービス、実は開通までにものすごく時間がかかるって知っていましたか?

そもそも、光回線のインターネットを利用するためには、専用の光ファイバーを自宅に引く必要があります。

回線を引くためには、もちろん工事が必要です。
工事は事前予約制で、立ち合いが必要。

通常であれば申込みから開通までおよそ3週間程度ですが、引っ越しシーズンなど工事が立て込むと最悪1か月近く待たされることも。

回線を引く工事では、場合によっては壁に穴を開けることもあるので、賃貸物件の場合は管理会社への確認が必要になるなど、余計に時間がかかる場合もあります。

つまり、すぐに利用したい! と思っても、実際に利用できるのはおよそ1か月先・・・というのが固定回線なんですね。(もちろん、既に光ファイバーが引かれている物件であれば話は別。工事が不要になれば、それよりも早く利用できる場合もあります。)

無線方式なら時間をかけずにネットが開通

「そんな1か月近くも待っていられないよ!」なんて思ったあなた。

そんなあなたにオススメなのが、無線でインターネットに接続する方法です。
無線方式での接続なので、工事なども一切不要。
インターネットに接続するためには専用の端末(モバイルWi-Fiルーター)が必要なので、それが手元に届くまでに数日かかることもありますが、手元に届けば利用OK!
「すぐに使いたい」という希望も叶えてくれるというわけです。

ところで、この無線方式のインターネットですが、大きく2つに分けられます。携帯電話と同じ4G回線を利用したLTE形式のものと、専用の回線を利用したWiMAXです。

この2つ、一体どんな違いがあるのでしょうか。

LTEとWiMAX、どこがどう違う?

【LTEとWiMAX比較】
 LTE
(ポケットWi-Fi)
WiMAX
利用回線4G専用回線
速度下り最大261Mbps
上り最大37.5Mbps
下り最大370Mbps
上り最大25Mbps
月間データ容量制限7GB無制限
3日間データ容量制限3GB3GB
契約期間3年2年
違約金9,500円9,500円~25,000円程度
(プロバイダと解約タイミングによって異なる)

エリアについては、それぞれ利用している回線が異なるため、エリアも当然異なります。

電波の強さは通信会社によっても違いますが、繋がりやすさで比較するとWiMAXよりもLTEの方が上。

とは言え、WiMAXも日々エリア拡充を行っているので、極端に差が出るというわけではありません。
実際に私自身もWiMAXを関東エリア、甲信越エリアで利用しましたが、不自由なく利用することができました。

通信速度については、WiMAXの方が数値上は高速。
ですが、これはあくまでも最大値で、実測値とは異なります。

LTEもWiMAXも、通信速度は環境によって大きく変化するため、この通信速度はそこまで重視しなくても良さそうです。

データ容量の制限については、かなり気になる部分ではないでしょうか。

3日間の容量制限としてはともに3GBで同じですが、月間で比較するとWiMAXが無制限なのに対してLTEでは7GBとなっています。

7GBを超えると極端に速度が遅くなるため、使い物にならないと言っても過言ではありません。

最後に、契約期間や違約金の額ですが、WiMAXの方が契約期間2年と短いものの、違約金の額は高額となっていますよね。

実はWiMAXでは「お試し利用」が可能。契約後実際に利用してみたら使えなかった! なんて場合でも、定められた期間内であれば違約金無料でキャンセルできるようになっているんです。

違約金が高額なのは、納得したうえで利用することが可能だからなのかもしれません。

固定回線代わりに利用するならWiMAXがオススメ

LTE形式とWiMAXで最も大きく異なるのは、やはり月間のデータ容量制限の有無。

自宅で固定回線代わりに利用するのであれば、容量制限がないWiMAXが断然オススメです。

私も自宅の固定回線代わりにWiMAXを利用していますが、毎月の通信量は平均20GB前後。

スマホはWi-Fi接続して利用していますが、パソコンではホームページやSNSの閲覧がメインで動画などはあまり見ない使い方。それでも7GBは余裕で超えてしまいます。

WiMAXにはいくつかのプロバイダが存在していますが、今回はその中でもオススメの2社をご紹介します。

お試し利用OK! GMOとくとくBB

「GMOとくとくBB」は、インターネット事業を20年以上にわたって行っているGMOによるWiMAXサービスです。

GMOの魅力のひとつに、WiMAXのお試し利用ができるという点が挙げられます。

これは、WiMAXのピンポイントエリア判定が「〇」の場合に、利用開始から20日以内であれば、キャンセルしても違約金をGMOが全額負担してくれるもの。このサービスがあるので、実際に利用して納得したうえで利用することができます。

月額料金は、通信量制限のない「GMOとくとくBB ギガ放題」で4,263円(税抜)。
端末受取月は月額料金が無料になるうえ、最初の2か月間は654円割引の3,609円(税抜)です。

なお、月間7GBの制限がある「GMOとくとくBB WiMAX 2+ 接続サービス」の場合は、月額3,609円(税抜)となります。

初期費用は事務手数料の3,000円のみ。端末費用や端末送料は無料です。

また、端末によってキャッシュバックがもらえるキャンペーンも実施中。

例えば、WiMAX 2+ WX02を申込むと、29,000円キャッシュバックまたは27,000円キャッシュバック+クレードル(端末の充電や、無線非対応の機器に有線接続する際に利用するもの。充電自体はクレードルが無くても可能です。)無料といった内容です。

なお、キャッシュバックの内容は期間によって変わるので、申込む際に確認してください。

最安プランあり! ブロードWiMAX

数あるWiMAXプロバイダなのかでも、最安のプランを提供しているのがブロードWiMAXです。

通信量無制限の「ギガ放題プラン」のうちの「最安プラン」では、最初の3か月目まで何と月額2,856円(税抜)! その後、4か月目から24か月目までが3,541円(税抜)、25か月目以降は4,041円(税抜)となります。

この「最安プラン」では初期費用として18,857円が必要ですが、現在はキャンペーン中で初期費用が無料に。

無料にするためには、「WEBからの申込み」「クレジットカード払い」「2つのサポートオプション(有料)に加入」という条件がありますが、これを満たすだけでOK。

なお、サポートオプションは有料ですが、端末が届けば初月でも解約可能。
以前、このオプション加入に関してトラブルもあったようで、ネットを検索すると「オススメではない」といった意見も見受けられますが、現在は改善されているようです。

ブロードWiMAXもGMOとくとくBB同様、キャンペーンは期間によって変わる可能性がありますので、必ず事前に確認することをオススメします。

無線方式なら最短翌日にネット開通も可能

通信が安定していて、自宅に回線さえ引けばどこでも利用できるのが魅力の固定回線。
ですが、工事が必要で時間がかかるという欠点があるのも事実です。

一方、工事不要でとにかく手軽、そしてプロバイダによっては最短翌日にはネットが利用できるようになる無線方式は、「少しでも早く使いたい! 」という希望を叶えてくれる優れもの。

自宅がエリア内にあるかどうか、という点は確認が必要ですが、月間の通信量制限もないWiMAXなら固定回線の代わりとしても十分利用できます。

少しでも早く開通するインターネットをお探しのあなた。一度、WiMAXを使ってみてはいかがですか。