ネット動画イメージ
NetflixやAmazonプライムビデオなど、魅力的なサービスが数多く提供されているネット動画。
ネット動画を快適に利用するために必要な通信環境をまとめました。

動画の画質は4種類

現在の動画には、綺麗さによって4種類の画質があります。
画質の低いものから順に…

  • SD(480P)
  • →HD(720P)
  • →フルHD(1080P)
  • →UHD(2160P)

となります。

SD画質(480P)
解像度:720×480
DVDに相当する画質。
正式名称:標準解像度テレビ(Standard definition television)
最近はSD画質よりも高画質の動画も増えているため、たまにDVDを見ると「こんなに画質が悪かったのか」と驚くこともあるくらいです。
HD画質(720P)
解像度:1280×720
正式名称:高精細度テレビ(High definition video)
いわゆる、ハイビジョンのことですね。現在の動画ストリーミングは、このHD画質が標準。
フルHD画質(1080P)
解像度:1920×1080
Blue-ray相当です
UHD画質(2160P)
解像度:4096×2160 or 3840×2160。
正式名称:超高精細(Ultra High definition)
4Kに相当する画質。今現在私たちが見ることができる、最も美しい画質と言えます。

画質が高くなるほど、より良い通信環境が必要になる

インターネットで動画を視聴する際には、通信環境が大きく関係してきます。
画質が低い動画は通信速度が遅い環境でも再生でき、通信量も少なめ。
逆に高画質になればなるほど高速通信が必要となり、通信量も大幅に増えます。

ネット動画を快適に見るためには、十分な通信速度と通信容量が必要になるというわけです。

ネット動画サービスごとに必要な通信速度

主な動画サイト別に、推奨されている通信環境です。

1. YouTube

youtube
YouTubeで推奨されている通信速度は…

  • 低画質: 0.5Mbps以上
  • 標準画質: 3Mbps以上
  • HD画質: 5Mbps以上(7Mbps以上を推奨)
  • 4K画質: 25Mbps以上

YouTubeには接続速度に応じて画質が自動的に調整される機能があります。
調整される画質は標準(240P・360P)から高画質(720P・1080P)の範囲。
比較的低速な環境でもスマホなどでは動画を楽しむことができます。

データ通信量の目安は、

  • 低画質: 200MB/1時間
  • 標準画質: 1GB程度/1時間
  • HD画質: 1GB程度/1時間

すべての動画サービスでいえることですが、動画を見ていると、あっという間にデータ通信量が増えます。
データ通信容量制限がある場合は通信制限がかかることに。
こうしたデータ通信を利用している場合は注意してください。

公式サイト⇒YouTube

2. Netflix

netflix
2015年9月に日本に上陸したNetflix。

NetflixではSD、HD、UHDのコンテンツが視聴可能で、料金も画質ごとに設定されています。
現在のところ、ネット動画でUHDに対応しているのはNetflixのみです。

推奨されている通信速度は…

  • SD画質:3Mbps
  • HD画質:5Mbps
  • UHD画質:25Mbps以上

データ通信量の目安は、

  • SD画質:約0.7GB/1時間
  • HD画質:3GB程度/1時間
  • UHD画質:7GB程度/1時間

Netflixについて詳しくはこちら
Netflixのメリットと注意点

3. Amazonプライムビデオ

amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオの場合、視聴できる画質はSDとHDの2種類。

Amazonプライムビデオで推奨されている通信速度は…

  • SD(標準):0.7Mbps以上
  • HD(高画質):3.5Mbps以上

データ通信量の目安は、

  • SD(標準):最大0.6GB程度/1時間
  • HD(高画質):最大1.5〜5.8GB程度/1時間

Amazonプライムビデオ(1ヶ月無料視聴あり、プライム会員年3,600円)について詳しくはこちら
Amazonプライムビデオのメリットと注意点

4. U-NEXT

Unextイメージ
U-NEXTはUSENが提供している動画配信サイト。
見放題動画はもちろん、雑誌も読み放題。
新作動画を有料で見られるサービスも提供しています。

U-NEXTでは、低画質、自動、高画質の3種類から画質を選べます。

推奨されている通信速度は、

  • 低画質:0.1〜0.5Mbps
  • 自動:0.1〜4Mbps
  • 高画質:1.5〜4Mbps

データ通信量の目安は、

  • 低画質:〜0.2GB程度/1時間
  • 自動:〜1.8GB程度/1時間
  • 高画質:0.72〜1.8GB程度/1時間

U-NEXT(月額1,990円(1,200円分ポイント付与)、31日間無料視聴)について詳しくはこちら
U-NEXTのメリットと注意点

5. Hulu

hulu
Huluもお好みで画質を選ぶことが可能。
Huluの場合はHDが最も画質が良いものになり、HD含め4段階となっているようです。

Huluの場合、画質ごとの推奨通信速度は記載なし。
ただテレビやPS3などのゲーム機、Apple TVやiPhoneなど、3〜5Mbps程度が推奨されています。
データ通信量については、1時間あたり0.2〜0.5GB程度となるようです。

Hulu(見放題月額933円、2週間無料視聴あり)について詳しくはこちら
Huluのメリットと注意点

6. dTV

dTV
ドコモが運営する動画配信サービスdTV。
18ジャンル12万作品を見放題で配信し、作品数No.1を誇ります。
ドコモショップなどでおすすめされるので、会員数もNo.1とのこと。
ドコモユーザー以外でも利用できます。

dtVでは、通信速度について明記はされていません。

通信容量については画質別に

  • 【ふつう】 約150MB/1時間
  • 【きれい】 約240MB/1時間
  • 【すごくきれい】 約760MB/1時間
  • 【HD】 約1.52GB/1時間

dTV(12万作品見放題で月額500円、30日間無料視聴)について詳しくはこちら
dTVのメリットと注意点

7. auビデオパス

ビデオパス
auユーザー限定の動画配信サービスauビデオパス。
通信速度については明記されていません。

通信容量については、

  • 3G通信:300万パケット(動画視聴約2時間)で終日制限
  • LTE通信:直近3日で1GB(動画視聴約2時間半)で終日制限
  • LTE通信:7GB(動画視聴約17時間半)で月制限

auビデオパス(月額562円、30日間無料視聴)について詳しくはこちら
auビデオパスのメリットと注意点

8. フジテレビオンデマンド(FOD)

FODイメージ
フジテレビが運営する動画配信サービス。
ドラマについては最強の品揃えです。

推奨環境として、10Mbps相当以上(光接続を推奨)となっています。

フジテレビオンデマンドについて、詳しくはこちら
フジテレビオンデマンドのメリットと注意点

9. 楽天TV(旧楽天SHOWTIME)

楽天TV
楽天が運営する動画配信サービス、楽天TV。
動画を視聴するのに、楽天スーパーポイントも利用できます。

楽天TVでは、標準画質(SD相当)と高画質(フルHD相当)の2種類の動画を視聴することが可能。

推奨されている通信速度は…

  • 標準画質(SD相当):1Mbps以上
  • 高画質(フルHD相当):8Mbps以上

動画をスムーズに再生するためには、平均して2Mbps程度が必要と記載されています。

データ通信量については記載はありませんが、他の動画サイトと基本的には同程度の通信量。

楽天TV(31日間無料視聴)について詳しくはこちら
楽天TVのメリットと注意点

10. DAZN(ダ・ゾーン)

スポーツ中継で年間6,000以上のコンテンツを配信するDAZN。
Jリーグファンや海外スポーツファンには絶大な人気を誇ります。

推奨されている通信速度は…

  • 標準画質(SD相当):5Mbps
  • 高画質(フルHD相当):9Mbps

通信容量については、明記されていません。

DAZNについて詳しくはこちら
DAZNのメリットと注意点

11. TSUTAYA TV

レンタルビデオなどでおなじみのTSUTAYAが運営する動画配信サービス。
推奨されている通信速度は…

  • 標準画質(SD相当):1.5Mbps以上
  • 高画質(フルHD相当):6Mbps以上(推奨8Mbps以上)

TSUTAYA TVについて詳しくはこちら

主要動画配信11サイトの比較まとめ

※表はスクロールします→

 dTVHuluU-NXTフジテレビオンデマンドビデオマーケット楽天TVTSUTAYA TVNetflixauビデオパスamazonプライムビデオDAZN
ここがイチオシ作品数1位
ジャンル1位
契約者数1位
契約者数2位、日テレドラマ豊富、海外ドラマ独占等あり契約者数3位、ポイントで書籍やマンガも読める。雑誌読み放題。プランが豊富、雑誌読み放題国内最大規模。
テレビ局の連携も強い。
楽天スーパーポイントが使えて、貯まる!ポイントで新作2本は毎月見れる!
DISCUSとセットでお得。
世界1位、オリジナルが豊富新作が毎月1本無料、とにかく安い、プライム会員に自動についてくるイメージJリーグ全試合放送、スポーツに特化。
注意点海外作品は少し少なめ2017年5月に通信トラブル、外部ディスプレイにはHDCP対応必要ポイントを含むので月額料金が高い。テレビの視聴不可、プランが多くて複雑なぜか認知度が低い。オフラインがない。プレミアム見放題はU-NEXTと基本的に同じサービス。見放題作品は少ない音楽、スポーツ、国内ドラマは少なめ、日本語窓口が少ない。auユーザー限定、作品数は少ない。作品数はかなり少ない。(3万作品のほとんどが英語)スポーツの種類に偏りがある。
月額料金見放題月額500円
(新作など一部は個別料金)
見放題月額933円見放題月額1,990円
(1,200円分ポイント込)
(新作など一部は個別料金)
見放題月額888円
その他多くのプラン有り
見放題月額980円
(540円分ポイント込)
見放題月額300〜1,990円
(新作など一部は個別料金)
見放題月額990円
(1,080円ポイント込)
見放題月額650円〜1,450円
見放題月額562円プライム会員年会費3,900円見放題月額1,750円
(ドコモユーザー980円)
無料お試し期間31日間無料2週間無料31日間無料31日間無料初月無料31日間無料30日間無料30日間無料30日間無料30日間無料31日間無料
作品数12万作品4万作品12万作品非公開18万作品4万作品8.5万作品非公開1万作品3万作品(英語含)年間6,000試合
オフライン視聴

×

×

×

×

複数デバイス
同時視聴

×

×

×

×

×

×

×

1〜4端末

×

×

2端末
複数アカウント

×

6アカウント4アカウント

×

×

×

×

×

×

×

×

×

ジャンルオリジナル、アニメ、ライブミュージックビデオ、洋画、邦画、カラオケ、マンガ、国内ドラマ、海外ドラマ、韓国ドラマ、バラエティ、キッズ、シアター、ショートショート、ニュース、最新レンタル、FOXチャンネル、ガールズオリジナル、アニメ、リアルタイム、洋画、邦画、国内ドラマ、海外ドラマ、韓国ドラマ、バラエティ、キッズ、チャンネル洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジアドラマ、国内ドラマ、アニメ、マンガ・書籍、雑誌、キッズ、ドキュメンタリー、音楽・アイドル、バラエティ、アダルト洋画、邦画、国内ドラマ、オリジナル、アニメ、スポーツ、エンタメ、雑誌、マンガ、書籍洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジアドラマ、国内ドラマ、アニメ、キッズ、ドキュメンタリー、バラエティ、パチスロ、グラビア洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジアドラマ、国内ドラマ、アニメ、キッズ、ドキュメンタリー、音楽・アイドル、バラエティ、ハリウッドスタジオ、テレビ局、アダルト洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジアドラマ、国内ドラマ、アニメ、キッズ、ドキュメンタリー、音楽・アイドル、バラエティ、アダルトオリジナル、洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジアドラマ、国内ドラマ、アニメ、キッズ、ドキュメンタリー、バラエティオリジナル、洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジアドラマ、国内ドラマ、アニメ、キッズ、ドキュメンタリー、バラエティオリジナル、洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジアドラマ、国内ドラマ、アニメ、キッズ、ドキュメンタリー、バラエティスポーツ
アダルト(R18)

×

×

見放題有

×

×

見放題有見放題有

×

×

×

×

公式サイト【公式】dTV【公式】Hulu【公式】U-NEXT【公式】FODプレミアム【公式】ビデオマーケット【公式】Rakuten TV【公式】TSUTAYAディスカス【公式】Netflix【公式】auビデオパス【公式】Amazonビデオ【公式】DAZN

※情報は定期的にチェックしていますが、契約前に必ずご自身で確認願います。

動画には通信速度と十分な容量が必要

ここまでいくつかの動画配信サイトの推奨環境を見てきましたが、標準的な動画は3〜4Mbps程度で十分視聴できます。

通信速度よりも、通信量の方がむしろ気になるかもしれません。

例えばAmazonプライムビデオでiPadに映画をダウンロードすると、2時間の映画で約1.5GBの容量になります。

ポケットWi-FiやモバイルWi-FiなどLTE回線のデータ通信は、多くが月7GBのデータ容量制限。

これだと高画質の映画5本程度しか見ることができません。

データ通信速度と容量の関係

データ通信速度と容量の関係を知ると、なんとなく必要な容量が分かります。

通信速度1Mbpsの動画を1時間分ダウンロードすると、容量は450MB
通信速度5Mbpsの動画を1時間分ダウンロードすると、容量は2.25GB

1bpsは、1秒あたりにデータ容量1ビットが転送されること。
データ容量8ビットで1バイトになります。

通信速度1Mbps(メガビット/秒)の動画を1時間分ダウンロードすると、
1Mbps×60秒×60分÷8=450MB(メガバイト)
という計算です。

ただし、動画は通信速度の目一杯で転送されているのではなく、ある程度余裕をもって転送されています。

だからAmazonプライムの2時間の映画で1.5GBというのが、目安として参考になると思います。

データ容量と通信速度ではWiMAXか光回線

データ容量を気にせず、なおかつ推奨されている通信速度が常に出る方法は、次のどちらかを選ぶのが妥当です。

  • 光回線
  • WiMAX

どちらを選ぶかは、

  • 家でしか使わないなら光回線
  • 職場やフィットネスジム、出張先など外出先でも使うならWiMAX

という選び方が良いでしょう。

WiMAXは2017年2月2日から通信容量制限が緩和されました。
3日間のデータ通信容量が緩和、
(旧)3GB⇒(新)10GB
容量制限になる時間が緩和、
(旧)翌日の昼から24時間⇒(新)翌日18時から8時間

ただし制限中のデータ通信速度だけ改悪になり、
(旧)5Mbps程度⇒(新)1Mbps程度
となっています。
格安SIM(MVNO)だと制限中の速度が200kbpsなので、それに比べると全然ましですが。

とはいえ、3日で10GBであればかなり長時間利用できます。

WiMAXについてはこちらを参考に
WiMAXとは? 初心者が5分でわかる、WiMAXのメリットと注意点

WiMAX主要8社を2年総額で比較

あなた自身のスタイルで最適なインターネットを選んでください。