インターネットを利用する際には必ず契約することになるプロバイダ。
どんな役割を担っているのか、実はよく分からないまま利用している人も多いかもしれません。

場合によっては通信速度にも関係するプロバイダ。
そんなプロバイダの仕組みと選ぶ時の注意点を詳しく見ていきましょう。

インターネットには回線と接続業者の2つが必要

普段何気なく利用しているインターネット。これは簡単に言うと、世界中にあるコンピューターをつなぐ巨大なネットワークのことを指します。

このインターネットを利用するために必要なのが、インターネット回線と接続業者(プロバイダ)です。

回線を管理しているのは回線業者なので、実際に利用する場合は回線業者とプロバイダの2つと契約が必要。

料金も「回線利用料」と「プロバイダサービス料」の2つを支払うことになります。

インフラともいえるインターネット回線

回線は分かりやすく言うと、自宅とインターネットをつなげる道路のようなもの。

実際の道路にも歩行者用道路や高速道路などがあるように、インターネット回線にもいくつかの種類があります。

【回線の種類】
回線の種類特徴
光回線・光ファイバーケーブルを利用し、レーザー光で通信
・利用の際は光ケーブルを引き込む工事が必要
ADSL・電話回線を利用し、電気で通信
・固定電話を引いていれば簡単に利用可能
ケーブルテレビ・テレビ放送に利用するケーブルの空いた周波数帯を利用、ケーブル自体は光ファイバー
WiMAXやポケットWi-Fi・モバイル通信なので配線不要
・エリア内であればどこでも利用できる
・WiMAXは独自の回線、ポケットWi-FiはLTEなど携帯電話の通信網を利用

このうち、光回線やADSL、ケーブルテレビについては有線、WiMAXなどは無線タイプになります。

最近は光回線の普及に伴い、ADSLの利用者は減少傾向。WiMAXなどの無線タイプのユーザーも増えてきていますが、光回線を利用している人が最も多いです。

なお光回線の回線業者として最大手なのは、フレッツ光を提供しているNTT。
ほかにauひかりを提供しているKDDIや、NURO光を提供しているso-netなどが挙げられます。

無線タイプ(WiMAX)の場合は、KDDI系列のUQコミュニケーションズがネットワーク網を提供しています。

通行券を発行する接続業者(プロバイダ)

回線を整備すればすぐにインターネットが利用できるわけではありません。

自宅と目的地(インターネット)をつなぐ道路(インターネット回線)があったとしても、通行しなければ目的地にはたどり着きませんよね。

プロバイダの役割は、この道路を利用するための通行券を発行するというイメージ。
インターネット回線に接続するために必要な、IDやパスワードを発行しています。

ちなみに、現在プロバイダとして登録されている事業者数を調べたところ、正確な数字は出てきませんでした。

社団法人日本インターネットプロバイダー協会が2010年に発表した資料では、総務省に事業者として届出ているのがおよそ1万社、そのうちの1,000社程度が実際にサービスを提供しているとのこと。

ケーブルテレビを利用したインターネットではケーブル会社がプロバイダ業務も行っているため、大小さまざまなプロバイダが存在しているのが実際のところのようです。

光回線の卸売で登場したコラボ光

2015年からNTTは光回線の卸売りをスタート。
それまではプロバイダサービスしか提供できなかった接続業者が、回線サービスとプロバイダサービスをまとめて提供できるようになりました。
「OCN光」や「BIGLOBE光」といったサービスは、このコラボ光になります。
「ドコモ光」などもこれに該当します。

サービスの提供元はOCNなどの接続事業者やドコモなどですが、利用するインターネット回線はフレッツ光。
そのため、通信速度などの条件はフレッツ光と変わりません。

光はプロバイダによって通信速度が変わる?

フレッツ光のスペックは、下り最大1Gbps。
もちろん実際には1Gbpsなんて出ないのですが、数値上は快適な高速通信ができることに違いはありません。

しかし、口コミなどを見ると「光なのに遅い」とか、あなた自身も遅いと感じたことがあるのではないでしょうか。
この遅さの原因がプロバイダにある、なんて可能性もあるって知っていましたか?

プロバイダ側の原因として考えられることは2つ。

  • 契約者数が多いこと
  • プロバイダが設置している設備が古かったり処理能力が低いこと

が挙げられます。

原因1.契約者数が多い

1本の道路にたくさんの車が走ると、混雑して走るスピードが遅くなりますよね。
これと同じことがインターネット回線にも起こります。

つまり、契約者数が多いプロバイダは回線が混雑する可能性も高いということ。

実際に契約者が多いOCNやドコモ光では「遅い」と感じている人も多いです。

原因2.設備が古いまたは処理能力が低い

プロバイダは回線業者であるNTTの局内に自社設備を設置し、サービスを提供しています。
私たちはこの設備を通してインターネットに接続する仕組み。

そのため、設備自体が古かったり処理能力が低かったりすると、通信速度も落ちてしまうのです。

WiMAXの場合はどうなの?

WiMAXにもプロバイダは存在します。
ただ光など固定回線とは少し違う仕組み。

WiMAXの場合は、携帯電話の大手キャリア(MNO)と格安SIM(MVNO)の関係と同じになります。

WiMAXのネットワーク網を提供しているUQコミュニケーションズがMNO、それ以外のWiMAXサービスを提供している事業者(GMOなど)がMVNOに該当します。

MVNOに該当する事業者はUQコミュニケーションズが提供する専用のネットワーク網を利用し、各ユーザーにサービスを提供しています。

ネットワークの提供方法は大きく分けて2通り

UQコミュニケーションズからMVNOへのネットワーク提供方法には、大きく分けて2通りのパターンがあります。

1つはネットワーク網はもちろん、接続についてもUQコミュニケーションズの設備を利用してサービスを提供する方法。

もう1つはネットワーク網は借りるけれど、接続については自社の設備を利用する方法です。

最初の方法だと設備丸ごとUQコミュニケーションズのものを利用しているので、通信速度も変わりません。
ただし、設備利用料金が発生するため、その分月額料金が高くなる可能性もあります。

2つ目の方法では間にプロバイダ独自の設備を挟むため、場合によっては通信速度が変わることもあり得ます。
しかし設備利用料が不要なので、月額料金も低く設定することが可能な方法です。

実質的には事業者による差はないWiMAX

ネットワークの提供方法によって通信速度に違いが出る可能性もある、WiMAXのプロバイダ。

細かい部分を比較すると確かに違いはあるかもしれませんが、体感的にはそう変わらないというのが実際のところのようです。

それよりも、無線タイプの通信速度に大きくかかわるのは利用する側の通信環境。

プロバイダ側に速度低下の原因があることが多い光回線と違い、WiMAXの場合は私たちが利用する際に少し気を付ければ快適に利用することができるのです。

光とWiMAXではプロバイダの選び方が違う

光回線とWiMAXにおけるプロバイダの仕組みが違うということは、プロバイダの選び方も変わってくるということになります。

光回線の場合は月額料金や知名度だけでなく、ユーザーの口コミなどもしっかりチェックして選びましょう。

特にフレッツ光を利用する場合はフレッツ光自体が混雑気味という状況なので、選び方を失敗すると「快適なネット環境」には程遠い・・・なんて可能性も。

比較的速度が安定しているauひかりや、関東エリアであればNURO光が利用できるプロバイダを選ぶのも1つの手です。

WiMAXの場合はMNOであるUQコミュニケーションズでも、MVNOであるそれ以外の事業者を選んでも、通信速度は大きく変わりません。
通信エリアも同じなので、月額料金やキャンペーンの内容で選ぶことをオススメします。