ソフトバンクユーザーなら、一番お得なインターネット回線はやっぱりソフトバンク光。

でも注意点もあります。

ソフトバンク光のメリット

  • スマホ代などがセットでどんどん安くなる。
  • いろいろな支払いがひとつにまとめられる。
  • 期間限定のキャンペーンを上手く使うと乗り換え費用が無料。

ソフトバンク光の注意点

  • 2年縛りの契約で違約金9,500円が発生
  • マンションタンプでは、回線が混雑して遅くなる時間帯もある。
  • スマホを格安スマホに乗り換えるとメリットが無くなる。
  • 実はNURO光でも同じセット割が使える。
  • 通信速度ではNURO光の方が有利。

公式サイトはこちら
【SoftBank 光】

窓口もひとまとめに! ソフトバンク光

ソフトバンク光とは、ソフトバンクがインターネットサービスを提供しているコラボレーション光のこと。

通常、光回線を利用する場合は回線サービス業者(NTTなど)とプロバイダの両方と契約する必要がありますが、コラボ光はこうしたものが1つになったものです。

そのため私たちが契約するのはソフトバンクのみ。

ソフトバンクに回線サービス料金とプロバイダ料金を支払うことで、インターネットが利用できます。
窓口もソフトバンクにまとめられるので、手続きが簡単になります。

おうち割 光セットでスマホ代がお得に

ソフトバンク光では、ソフトバンクのスマホや携帯ユーザー向けに特化したサービスを提供。
それが「おうち割 光セット」と呼ばれるものです。

これはソフトバンク光と、ソフトバンクのiPhone・スマホ・携帯・タブレットをセットで利用すると、対象のパケット定額サービスが割引になるもの。

具体的な割引額や対象となるパケット定額サービスは、次の表ようになっています。

【おうち割光セット】
 割引額 
右記以外の固定通信サービスSoftbank 光
ファミリー・ライト
2年間2年間
スマ放題
スマ放題ライト
データ定額30GB2年間:
 2,000円
3年目〜:
 1,008円
2年間:
500円→2,000円
3年目〜:
500円
データ定額20GB2年間:
 1,522円
3年目〜:
 1,008円
2年間:
 500円→1,522円
3年目〜:
 500円
データ定額5GB2年間:
 1,522円
3年目〜:
 1,008円
2年間:
 500円→1,522円
3年目〜:
 500円
スマ放題
データ定額ミニ
1GB/2GB
2年間:
 500円
3年目〜:
 500円
2年間:
 500円
3年目〜:
 500円
データ定額
(3Gケータイ)
2年間:
 500円
3年目〜:
 500円
2年間:
 500円
3年目〜:
 500円
ホワイトプラン
指定のパケット
定額サービス
2年間:
 最大500円→1,522円
3年目〜:
 最大500円→1,008円
2年間:
 500円→1,522円
3年目〜:
 500円
上記以外2年間:
 最大500円
3年目〜:
 最大500円
2年間:
 最大500円
3年目〜:
 最大500円
(iPad)
ベーシックデータ
定額プラン for 4G LTE
2年間:
 500円
3年目〜:
 500円
2年間:
 500円
3年目〜:
 500円
(タブレット)
ベーシックデータ
定額プラン for 4G
2年間:
 500円
3年目〜:
 500円
2年間:
 500円
3年目〜:
 500円

割引額は、
最初の2年間は500円〜2,000円
3年目以降は500円〜1,008円
です。

現在は「おうち割 光セット増額キャンペーン」を実施。
このため、通常の割引額よりも500円〜1,500円ほど割引額がアップしています。

更にうれしいことに、この割引が適用されるのは固定回線1回線につき10回線まで!

例えば夫婦2人家族、それぞれがデータ定額5GBのプランを利用しているとすると、1か月あたり3,044円割引になるんです。
ソフトバンクのスマホ・携帯ユーザーが多いほど割引額も大きくなるので、ソフトバンク光を実質無料で利用することだって可能です。

ソフトバンク光の月額料金

ソフトバンク光は、住宅のタイプによって料金が異なります。
これはフレッツ光と同じ。
そもそも利用している回線自体がフレッツ光なので、このあたりの仕組みは同じです。

料金は、
集合住宅タイプ:月額3,800円
戸建てタイプ:月額5,200円

この料金には回線サービス料とプロバイダサービス料が含まれます。
ソフトバンク光を利用する場合のプロバイダは、自動的にYahoo! BBとなります。

ただし、この料金は2年間の自動更新プランの料金。
2年間の継続利用が条件となっている料金です。

契約期間の途中で解約した場合、解除料として9,500円かかるので注意してください。

ソフトバンク光の初期費用

ソフトバンク光は初期費用も必要です。
これは現在利用しているインターネット回線などによって、かかる費用が変わります。

【ソフトバンク光 初期費用】
内訳費用
開通工事費
フレッツ 光ネクストを利用中の場合工事不要
・フレッツ 光ネクスト以外のフレッツ光を利用中の場合
・フレッツ光を利用していない場合
・インターネットを利用していない場合
24,000円
立ち会い工事あり
(戸建て・光回線導入がないマンション等)
2,000円
立ち会い工事なし
(光ファイバー導入済みのマンション等)
手数料
契約事務手数料3,000円
サービス変更手数料無料

現在フレッツ光を利用していても「フレッツ 光ネクスト」ではない場合や、フレッツ光以外のインターネットを利用している場合、新しくインターネットを引く場合は24,000円の初期工事費が発生します。

しかし他社からの乗り換え限定でお得なキャンペーンも。
期間限定ですが、この工事費に相当する24,000円分の商品券がもらえる(もしくは、24か月間月額料金から1,000円割引)キャンペーンを行っています。

ソフトバンクユーザーで乗り換え検討中のあなた、申込むならキャンペーンを利用できる今がお得です。

関東エリアならNURO光も

関東エリア限定になりますが、NURO光でもソフトバンク光と同じ「おうち割 光セット」の割引が受けられます。
NURO光の場合は、NURO光とNURO 光でんわをセットで利用することが「おうち割 光セット」の割引を受ける条件となります。

NURO光とは

NURO光は下り最大2Gbpsと超高速通信が可能なインターネット回線。

NTTの光回線を利用していますが、回線を管理しているのはso-net。
フレッツ光とは全く別の光回線という扱いになります。

そのため、現在フレッツ光を利用している場合フレッツ光は解約となり、新しくNURO光の回線を引き込むという流れになります。

フレッツ光と違うのは、回線だけではありません。
フレッツ光では戸建てと比べて集合住宅の料金が安く設定されています。
これは集合住宅の場合、1つの回線を複数の契約者で利用する仕組みになっているため。
料金は安くなりますが1つの回線を複数人で利用するため、環境によっては通信速度が落ちることもあります。

一方のNURO光は集合住宅であっても契約者ごとに回線が引かれる仕組みになっています。
そのため、戸建ても集合住宅も料金は同じ。
集合住宅でも戸建てと同じような通信環境を作ることができます。

注意点としては、NURO光を利用できる建物形態に条件があることと、利用可能エリアが限定的であること。
NURO光が利用できるのは戸建てまたは7階建て以下のマンションです。
8階建て以上のマンションでは利用できません。

利用可能エリアについても、東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木、群馬、茨城の関東エリアのみ(一部地域除く)となっています。

NURO 光でんわ利用で割引に

NURO光の場合、NURO光とオプションのNURO 光でんわをセットで利用すると、ソフトバンクの「おうち割 光セット」の割引が受けられるようになります。

割引の内容はソフトバンク光の場合と同じ。
もちろんNURO光1回線につき、ソフトバンクのスマホや携帯は最大10回線まで割引が適用されます。

さらに、NURO 光でんわとソフトバンク携帯電話間の通話が24時間無料になる「ホワイトコール24」にも対応。
スマホ代がお得になるだけでなく、通話料までお得になります。

NURO光とNURO 光でんわの月額料金

NURO光の月額料金は、2年間の継続利用が条件となっているプラン(NURO 光G2V)で4,743円。この料金には回線サービス料、プロバイダサービス料、無線LANルーター、セキュリティサービスの4つが含まれているため、結果的にはお得な料金となっています。ただし、NURO 光G2Vは契約期間中の解約で9,500円の契約解除料が発生。この点には注意してください。

また、ソフトバンクのおうち割 光セットの割引を受けるのに必要な「NURO 光でんわ」は、月額500円。NURO光とNURO 光でんわ、2つ合わせた月額料金は5,243円になります。

NURO光の初期費用

NURO光を利用する際には、基本工事が必須。今回はNURO 光でんわも含めた初期費用を記載します。

【NURO光初期費用】
内訳金額備考
基本工事費40,000円30回払いで請求、1,333円×30回
契約事務手数料3,000円利用開始の翌月に請求
回線工事費3,000円NURO 光でんわの回線工事費

NURO光の基本工事費は40,000円と高額ですが、支払いは30か月の分割払い。
1か月あたり1,333円となります。現在NURO光では、この基本工事費に相当する額を月額料金から割引くキャンペーンを実施中。
そのため、実質基本工事費0円でNURO光を始めることができます。

さらに、今なら30,000円の高額キャッシュバックが受け取れるキャンペーンも!
キャンペーンは期間限定である場合も多いため、申込むなら早めがお得です。
また申込む前によく確認することもお忘れなく。

賢く選んで通信費節約を

一言でインターネットと言っても、最近はソフトバンク光のようなコラボ光やNURO光といったNTT以外の事業者による光回線など、選択肢も増えてきました。

今回紹介したように、スマホの割引や通話料無料になるサービスなど、上手に選べば通信費の節約だってできます。何となく選ぶのではなく、賢く選ぶこと。これが節約への近道です。