スマホとインターネット、実はセットで契約するだけで毎月1,000円以上もお得な組み合わせがあるんです!

スマホとネット、快適でお得に使う方法を教えます!

通信費を抑える組み合わせとは

  • スマホ:大手キャリア
  • インターネット:フレッツ光+プロバイダ

もしあなたがこの組み合わせでスマホとネットを利用していたら、確実に損しています。

今は通信費がお得になるセットが数多くあるからです。

ではどんな組み合わせなら通信費を抑えることができるのでしょうか。

1.大手キャリア+コラボ光

1つ目の組み合わせとしては、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のスマホと、大手キャリアによるコラボ光(ドコモ光、ソフトバンク光、auひかり)という組み合わせ。

各社とも、スマホの利用料金がお得になるセット割があります。

1-1.ドコモユーザーならドコモ光

ドコモユーザーであれば、ドコモ光がオススメ。

今なら2017年5月7日までの限定で、新規工事費(戸建て18,000円、集合住宅15,000円)が無料になるキャンペーンも実施しています。

月額料金はプロバイダによって2種類あり、
戸建て5,200円or5,400円
集合住宅で4,000円or4,200円

もちろん安い方が良いので、安いプロバイダ18社から選んで下さい。
この内大手で信頼できるのは、
GMOとくとくBB
excite(エキサイト)
DTI
BIGLOBE
楽天ブロードバンド
So-net
あたりでしょうか。

ドコモ光では、スマホのパケットパック料金が割引になる「ドコモ光パック」というセット割。

割引料金はパケットパックのプランによって異なり、大容量のプランほど割引額が大きくなります。

例えば、家族でシェアできる「ウルトラシェアパック100」なら3,000円割引、「ウルトラシェアパック50」なら2,400円割引といった感じです。

もちろん、1人で利用するプランでも割引は適用されます。

料金シュミュレーションはこちらで出来ます。
GMOとくとくBBのドコモ光

1-2.ソフトバンクユーザーはソフトバンク光

ソフトバンク光でも「おうち割 光セット」でスマホ代がお得になります。

割引額は最大2,000円で、ドコモ同様、利用しているスマホのプランによって変わります。

例えば、スマ放題またはスマ放題ライトでデータ定額30GBなら2,000円割引、データ定額20GBなら1,522円割引といった感じです。

なおソフトバンク光の月額料金は、
戸建て: 5,200円
集合住宅: 3,800円
これにYahoo! BBの基本サービス代(300円〜)が加算されます。

1-3.auユーザーならauひかり

auにもauひかりというコラボ光があります。

auひかりの場合、割引(auスマートバリュー)の適用になるのは、ネット+光電話もしくはネット+光電話+光TVを利用した場合のみ。

他の2社同様、割引額はスマホやタブレットのプランによって変わります。

スマホのデータ定額10/13/30では最大2年間、毎月2,000円割引に。
データ定額5/8/20では最大2年間、毎月1,410円割引になるといった感じです。

auひかりの月額料金は
戸建ての場合、ネット+電話(auスマートバリュー適用対象となる組み合わせ)で5,600円。
集合住宅では4,300円です。

戸建てのプランには、3年間の継続利用で1年ごとに料金が100円安くなる「ずっとギガ得プラン」というプランもあります。

申込先によってお得度が変わるコラボ光

コラボ光には、いくつかの申込み先が存在しています。

一番身近なのは各キャリアのショップ窓口ですが、ネット申し込みでキャッシュバックが受け取れたり、月額料金が割引になるようなものも。

申込む場合はそうしたところを利用すると、よりお得度がアップしますよ。

大手キャリア+コラボ光の注意点

この組み合わせを利用する際の注意点としては、契約期間の縛りがあることが挙げられます。

携帯やスマホにも2年縛りの契約期間がありますが、インターネットの場合も同じ。

スマホとネットの契約期間もそれぞれ別扱いになるため、契約期間の取り扱いには注意が必要です。

2.格安SIM+格安SIM

2つ目の組み合わせは、スマホとネットの両方を格安SIMにすること。

ネットの場合は、モバイルWi-Fiルーターに格安SIMのデータSIMを挿入することで利用できます。

この組み合わせのメリットは、何といっても通信費を大幅に削減できること。

例えば、格安SIMでトップシェアを誇るOCNモバイルoneでネット用のデータ専用SIMと、スマホ用の音声対応SIMを利用した場合。

データ専用SIMが容量10GBで月額2,300円
音声対応SIMが容量5GBで5分通話し放題のオプションを付けて3,000円

なので、ネット+スマホで合計5,300円です。

大手キャリアの場合、スマホだけで7,000円(5分通話し放題付の基本料金1,700円+5GBのパケットパック5,000円+ネット接続料300円)になるので、かなりお得です。

他にも、データ専用SIMについては利用期間の縛りがありません。
そのため、いつでも解約金なしで解約することが可能。気軽に試せるのも嬉しいですよね。

ただし、音声対応SIMについては6か月〜1年程度の最低利用期間があります。

自宅に回線を引く必要がないので賃貸や寮に住んでいる人も利用でき、工事費も不要。無線式なので、外出先でも気軽に利用することができます。

格安SIM+格安SIMの注意点

通信量の大幅な削減が可能な格安SIMですが、時間帯によって通信速度が大きく変動します。

特に、利用者が増える昼休み(12時30分前後)や夕方(17時〜)は、事業者によっては1Mbpsを切ることも。

スマホでの利用ならまだどうにか許容できても、インターネットで1Mbpsを切るとさすがに遅いな・・・と感じます。

速度制限が厳しい点にも注意が必要。月単位のデータ容量はもちろんですが、日単位のデータ通信量によっても制限がかけられることがあります。

月単位の制限は、データ容量を追加購入すれば解除されますが、その分料金が発生。

日単位の場合は時間が経つのを待つしかありません。制限がかかると通信速度は一気に落ちてしまうため、インターネットをよく利用するユーザーには不向きです。

また、モバイルルーターは自分で準備する必要があります。
端末料金は10,000円〜20,000円程度。
SIMカードと一緒に購入したり、レンタルできる事業者もあります。

3.格安SIM+WiMAX

3つ目は、スマホを格安SIMで、インターネットをWiMAXで利用する方法。

スマホを格安SIMで運用する場合、データ容量によって料金は異なりますが、2,000円以下で済む事業者もたくさんあります。

WiMAXは通常料金が3,500円〜4,200円程度なので、通信費を5,000円以下に抑えることも可能です。

WiMAXも格安SIM同様無線式のインターネットになりますが、格安SIMとは違う点がいくつかあります。

まず、1か月間のデータ通信量に制限がありません。

月額料金が700円ほど安くなる7GBまでのプランもありますが、このプランを利用しているのはわずか2割程度。
残り8割の人は無制限のプランを利用しています。

ただ、混雑回避のために3日間で10GB以上利用すると速度制限がかかります。
制限がかかると言っても他の事業者と違い、ある程度の速度(1Mbps程度)が出ます。
高画質の動画を見るのは厳しいですが、スマホで標準画質のものなら不満なく見ることができるほどです。

通信速度が比較的安定しているというのも、格安SIMと異なる点。

WiMAXも利用者が増える時間帯(夜間など)には多少速度が落ちることがありますが、格安SIMほど遅くなることはありません。

もちろん、無線タイプなので通信環境によって通信速度も左右されますが、環境が良ければ光回線より速いことも。
WiMAXも持ち運びができるので、格安SIMが混雑する時間帯はスマホをWiMAXに繋いで快適に利用する、なんてことも可能です。

なお、WiMAXでは細心のモバイルルーターが無料でもらえます。

初期費用も事務手数料の3,000円だけというプロバイダも多いため、格安SIMよりも安く導入することが可能。

キャッシュバックが受け取れたり、月額料金が一定期間お得になるプロバイダも多いです。

格安SIM+WiMAXの注意点

WiMAXは大手キャリア同様、2年間の契約期間が定められています。
この期間内に解約すると、9,500円〜25,000円程度の解約金が必要です。

また、利用できるエリアがやや狭いという点も。

格安SIMはLTEを利用しているため、携帯電話の圏内であれば基本的に利用可能です。
WiMAXは独自の専用回線を利用しているため、エリアは狭くなります。
WiMAXでは利用している電波の特性上、建物の中では繋がりにくくなるといった点も、デメリットと言えるでしょう。

まとめ

スマホとネット、上手に組み合わせることで通信費を抑えることができます。

個人的に一番オススメなのは、
格安SIM+WiMAX
という組み合わせ。

スマホ(iPhone)2台+ネットの通信費は毎月8,000円程度。
大手キャリアの1人分のスマホ代より安いかもしれません。

とはいえ、みんながこの組み合わせで利用できるわけでもありません。

スマホはどうしても大手キャリアで! というのであれば、大手キャリアとコラボ光を。

ネットはよく使うけど、スマホは格安SIMでOKであれば格安SIM+WiMAX。

WiMAXのエリア外だったり、ネットはあまり利用しないのであれば、格安SIM+格安SIM。

あなたのスタイルに合わせて、お得な組み合わせを選んでくださいね。

WiMAXは毎月キャッシュバック金額が変わり一番安い会社が違うので細心情報をこちらで確認してください。
WiMAX主要8社を2年総額で比較